画像編集アプリ「Fotor」が簡単で楽しい♪

いつも使っているパソコンを修理に出している間、フォトショップエレメンツが使えず代わりになるようなソフトを探していて出会った画像編集ソフトを紹介します。

今回紹介する「Fotor」はフォトショップエレメンツの代わりに使えるようなソフトではないのですが、とても簡単にいろんな加工ができるのでお気に入りソフトとなりました♪

こんな風にクリックだけで編集が簡単にできます。
(真ん中が元画像)
2016110202.jpg

このソフトは、『ブラウザ上で』『パソコンにインストールして』『スマートフォンで』…といろんな方法で使うことができます。
ここでは『パソコンにインストールして』使う「Fotor」の説明をしますが、Windows8やWindows10ですとアプリバージョンも使えます。

まずはアプリバージョン(Windows8・10)から。
2016110101.jpg①Windowsボタンからソフト一覧の②「ストア」をクリックして起動させます。

画面右側の「スタート画面」は私は自分が使いやすいようにアレンジしてしまっているので参考になるかどうかわかりませんが、スタート画面上にも「ストア」というアイコンがあると思いますので、そちらをクリックしても「ストア」が起動します。

2016110102.jpg①検索バーに「Fotor」と入力します。

②「Fotorアプリ」が出てきますのでクリックします。

2016110103.jpg「購入」ボタンをクリックします。
(「購入」と書いてありますが、無料ですので料金は発生しません。)

2016110105.jpgインストールが完了すると「起動」アイコンになります。

2016110106.jpg①ウィンドウズアイコン→②「Fotor」でも起動します。


2016110107.jpg「編集」と「コラージュ作成」のスタート画面が表示されますので使いたい方をクリックして始めます。

こちらのアプリは英語版ですが、ほとんどクリックだけの加工ですので、英語でも直感的に使えると思います。

続いてインストールバージョンの説明です。
アプリバージョンではなくWindows各バージョン(Windows8・10も含めて)のPCにインストールして使うバージョンで、こちらは日本語表示できます。

» 続きを読む…

ファイル転送「Send Anywhere」 Gmail・Outlookメール編

GmailやOutlookメールで「.exe」などの添付があるとウィルス対策のために添付ファイルをブロックされてしまいます。

Gmailは「.exe」などが圧縮された(.gz や .bz2 などの形式)場合や、アーカイブ(.zip や .tgz など)の中に入っている場合もブロックされます。
※参考:Gmail「ブロックされるファイル形式」

Outlookからだと圧縮・アーカイブファイルは送信できますが、受信側のアドレスによって受信できるかブロックされるか変わってくるようです。
Gmail宛だと中の.exeファイルを検知してGmail側でブロックされます。

でも送りたい場合ってありますよね。
(もちろん、ウィルスなどではないちゃんとしたファイルですよ!)

そんな場合も前回紹介した「Send Anywhere」は便利です。

メールで6桁のキーナンバーをお知らせするのもいいですが、キーナンバーが有効なのは10分です。
それを超えるとダウンロードリンク先をお知らせする方法もありますが、それも48時間です。

今回紹介する方法で送るとダウンロードできる期間が1週間になります。
時間の余裕が必要な場合はこちらの方法でお知らせする方が良さそうですね。

ただし……Gmailの場合はウェブブラウザがChromeに限られます。
(私はFirefoxメインで使っているので、Firefoxにもほしい………!)

» 続きを読む…

超簡単ファイル転送「Send Anywhere」

大きなファイルを送信するのにとても重宝している「Send Anywhere」を紹介します。
Lineで送ることができない大きなサイズの動画を簡単に送りたくて探していてこれに出会いました。
それ以来、人に送るだけでなく、スマートフォンで撮った動画をPCに送ったり、自分自身で使用するのにもよく使っています。

6 桁のコードを入力するだけで、あらゆるファイルタイプをどんなプラットフォームにも送信できます。
登録およびログインは必要ありません。
ファイルサイズ、回数の制限がありません。
このすべてが無料です。

Send Anywhere」より


スマートフォンには
Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.estmob.android.sendanywhere
iOS  https://itunes.apple.com/jp/app/send-anywhere-fairu-zhuan/id596642855?mt=8
からアプリをインストールできます。
(スマートフォンでもブラウザ経由で使用の場合はインストールしなくても使えます。)

●スマートフォン(アプリ)から送信
2016102311.pngアプリを起動させ、「送信」をタップします。

2016102312.png「通信料が発生するかもしれませんよ」という注意書きが出ますので「確認」をタップ。
または「今後表示しない」をタップすると、この注意書きは次からは出てきません。

2016102313.png送信したいファイルを選択し(複数選択可)、「次へ」をタップ。

2016102310.png表示された6桁の数字を相手に伝えます。
ただし、10分でキーの有効期限が切れてしまいますので、10分以上経つとこの6桁の数字でのダウンロードはできなくなります

2016102317.jpg10分以上経ってダウンロードしようと6桁のキーを入力しても「キーが無効です」と出ます。

2016102314.pngそんな時は右上の時計マークをタップします。

2016102315.png期限切れになって受信されなかったファイルが表示されます。
そのリンクから48時間以内ですとダウンロードできますので、「共有」をタップしてダウンロードリンクを受信者に知らせましょう。

2016102316.png「共有」をタップするとLINEやメールなどの送信手段の選択肢が出てきます。


ウェブブラウザから送信
2016102310.jpgSend Anywhere」のページの「ファイルを追加」のところに送信したいファイルをドラッグするか、クリックしてファイルを選びます(複数ファイル可)。

2016102311.jpg「送信」ボタンをクリックします。

2016102312.jpg6桁のキーナンバーが表示されるので受信者にお知らせします。

» 続きを読む…

指定したファイルを自動バックアップ「AutoBackAir」

前回の記事ではエクセルで上書き保存するときにバックアップファイルを自動的に作られるようにする方法を紹介しました。
しかしながら、その方法では1世代前のファイルしかバックアップとして保存されません。

私の場合、作業中にけっこう上書き保存ボタンをクリックしていますので、間違って上書き保存をしたと気がついた時にはすでに何回か上書き保存した後だったりして、前回の記事でのバックアップファイルは役に立たない場合もよくあります。

今回紹介するフリーソフト「AutoBackupAir」は登録したファイルを上書き保存した時に設定した世代分バックアップしてくれるという優れものです。

「AutoBackupAir」
Adobe AIR を利用したマルチプラットフォーム対応の自動バックアップソフトです。
指定したファイルの更新日時を定期的に比較し、指定した数分だけバックアップしてくれます。
「上書き保存」機能があるソフトの大半に利用可能です。

こんな方に!
・Excelで、保存したらCtrl+Zで戻せなくなった…。
・保存するとたまに壊れたファイルを生成するソフトを使っているのですが…。
・Ctrl+Sで気軽に保存したいが、バックアップも取っておきたい…。
  →AutoBackupAirならば以前保存していた時点のファイルをバックアップしてくれています。

機能
・登録したファイルの更新日時を調べて、以前よりも新しければ新たにバックアップを取ります。
・バックアップ数を設定できるので、バックアップファイルの数が肥大化することを防ぐことができます。(古い順に消えます)
・バックアップするファイルの更新日時の誤差を指定できるので、連続して保存してしまった場合(Ctrl+S連打等)は無視することができます。
・タスクトレイに格納できるので邪魔になりません。(Windowsのみ)
・スタートアップに登録できるので起動し忘れがありません。

■ Cross Air -Software- ■様 「AutoBackupAir」 より引用



【インストール方法】

インストールするには「Adobe Air」が必要です。

» 続きを読む…

画像をきれいに拡大してくれる「waifu2x-caffe (for Windows)」

2009年・2012年に画像をきれいに拡大してくれる「SmillaEnlarger」というフリーソフトを紹介したことがありますが、それ以上にいい感じにきれいに拡大してくれる(と思う)「waifu2x-caffe (for Windows)」というフリーソフトを紹介します。

元々二次元画像をきれいに拡大してくれるソフトだったようですが、写真にも対応するようになったそうで、そうなると私も重宝しそう♪
…というわけで試してみました。

要求環境
このソフトを動作させるには最低でも以下の環境が必要です。
・OS : Windows Vista以降 64bit (32bit用exeはありません)
・メモリ : 空きメモリ1GB以上 (ただし、変換する画像サイズによる)
・GPU : CUDAが動くNVIDIA製GPU(CPUで変換する場合は不要)
・Visual C++ 2013 再頒布可能パッケージがインストールされていること(必須)

と、32bitでは使えず、またNVIDIA製GPUを積んでいない場合はCPUでの変換となり、GPUよりも変換に時間がかかるようです。

2016012101.jpg
↑クリックすると大きな画像で見れます。
小さなイラストをPhotoScapeとこのwaifu2x-caffeで拡大比較したものです。
PhotoScapeで拡大したものはあたかも自分が老眼になってしまったのでは……と錯覚するほどのボケ具合…。
片や、waifu2x-caffeで拡大したものはくっきりときれいに拡大されています。

2016012102.jpg
↑クリックすると大きな画像で見れます。
これもPhotoScapeとwaifu2x-caffeで拡大比較してみました。
PhotoScapeではノイズが目立っていますが、waifu2x-caffeでは少~しのっぺり感が出てますが、きれいに拡大されています。

以下インストールと使い方の説明です。

2016012108.pnghttps://github.com/lltcggie/waifu2x-caffe/releasesを下の方にスクロールしていくと「Downloads」がありますので、「waifu2x-caffe.zip」をクリックして保存します。

2016012109.jpgダウンロードしたファイルを展開します。

2016012110.png展開したフォルダの中の「waifu2x-caffe.exe」をクリックして始めます。

» 続きを読む…

画面キャプチャーソフト「Screenpresso」

先日画面キャプチャーソフト「GreenShot」を紹介しましたが、キャプチャー後の編集という点ですごく優れているキャプチャーソフトがありましたので、こちらも紹介しておきます。

2016011914.png

2016011915.jpgこんなふうにいろんな編集ができるので、キャプチャーで説明するのが楽しくなります♪


2016011901.png「Screenpresso」のサイトから「Download Screenpresso(11.8MB)」バナーをクリックしてダウンロードします。

2016011902.png「Don't want to miss our latest news?」と最新ニュースを見落とさないようにメールアドレスの登録を促す画面が出てきますが、不要であれば「Skip」の方をクリックしてダウンロードします。

2016011903.pngファイルを保存します。

2016011904.pngダウンロードしたファイルをクリックします。

2016011905.png「セキュリティの警告」が出た場合は「実行」をクリックしてインストールます。

2016011906.png「同意します」にチェックを入れるとその下の「コンピュータにインストール」と「実行」がクリックできるようになります。


2016011910.png右側の「実行」をクリックすると、パソコンにインストールされずに使えるので、テスト的に使ったり、USBに保存して使ったりもできます。

2016011909.png常時使う場合は左側の「コンピュータにインストール」をクリックします。

2016011907.pngインストールが完了すると「ワークスペース(Screenpresso)」が表示されます。
必要に応じて左上の「設定」をクリックして、保存場所を変更したり、ホットキーを変更したりします。

» 続きを読む…

画面キャプチャーソフト「Green Shot」

12月にWindows10のパソコンを購入しましたが、このパソコンの不具合なのか、アクティブウィンドウのプリントスクリーンが撮れません。

フリーのいろんな画面キャプチャーソフトがありますが、私は撮ったスクリーンショットに文字や図形を書き込むことが多いため、「撮ったスクリーンショットを自動で保存してくれる」フリーソフトよりも、ただ単にクリップボードにコピーされ、それを画像編集ソフトに貼り付けて表示させ、そのまま文字を書き込んだりする方が都合が良いので、Windows標準の「プリントスクリーン」機能が好きでした。

2016010904.jpg一般的にはキーボードの「PrtScr」キーを押すとモニター画面全体がクリップボードにコピーされます。
また「Alt」キー+「PrtScr」キーを一緒に押すとアクティブウインドウのスクリーンショットのみがコピーされます。

←例えば、「PrtScr」キーのみでスクリーンショットを撮った場合はこんなふうに複数のウィンドウが出ていた場合、見えている部分全部が撮られます。
「Alt」+「PrtScr」だと一番上の(アクティブとなっている)ウィンドウのみが撮れますので、ここではExcelのウィンドウのみのスクリーンショットとなります。

私の場合、いろんなソフトを起動させたままスクリーンショットを撮ることが多いので、「PrtScr」単独より「Alt」キー併用を多用しています。

なのに、このパソコン…「Alt」+「PrtScr」が機能してくれないのです……(T_T)
「PrtScr」単独は機能しています……。

現在この件についてはメーカーとメールでやり取りしながら解決できればと思っておりますが、工場出荷状態へ戻し再セットアップしても、何をしても変わらず機能しない状況です…。
(メーカーのサポートさんもいろいろとアドバイスをくださっていますが、未だに解決していない状態です。)

さて…、使えない間どうするか……。
「PrtScr」で全画面撮ってトリミングするという方法もありますけど、それは面倒くさい!
PhotoScapeにもスクリーンショット機能があってこれはこれで便利だけど、いちいちダイアログが出てきてそれをクリックするのがなんかイヤ。
とにかく、簡単にキーボードだけでスクリーンショットを撮りたいわけです。

結局フリーソフトを使うしかないんですよね。

ずっと以前「WinShot」という定番フリーソフトを何度かインストールして使ってみたことがあるのですが、どうも私には高機能すぎて(使い切れず)すぐに削除してしまっていました。

今回「SnapCrab」という画面キャプチャーソフトを使ってみて、なかなかよかったのですが、もう少し何か違う……。

他に自分に合うキャプチャーソフトがないかな…と思い、いろいろなソフトを試してみたところ、今のところ「GreenShot」というソフトが気に入りましたので、今回は画面キャプチャーソフト「GreenShot」の紹介をしたいと思います。

2016011002.png

●インストール
2016011001.jpg「GreenShot」ダウンロードサイトで「DOWNLOAD」バナーをクリックして保存します。

保存したインストールファイルをクリックしてインストールを始めます。

2016011003.png「Setup Lnaguage」は「English」を選択します。
あとの設定で日本語に変更できます。

いくつか「Next」をクリックして進めます。(下記画像参照)

2016011004.png  2016011005.png

2016011006.png  2016011007.png

20150101008.jpgいくつかのプラグインにチェックが入った「Select Conponents」が表示されますが、外部のソフトで画像を加工したい方以外は全部チェックを外しても差し支え無いと思います。
私のように外部のソフト(Photoshop ElementsやPhotoScapeなど)で編集したい場合は 「Open with external command plug-in」のチェックは残しておいてください。

必要に応じてチェックを入れ、次に下へスクロールしていきます。

2016011009.pngスクロールしていくと「Additional Languages」の中に「日本語」があるのでチェックを入れます。

2016011010.png 2016011011.png

2016011012.png 2016011013.png

2016011014.pngタスクバー(タスクバーに表示されていない場合はタスクバーの「ʌ」をクリックすると格納されています)から「GreenShot」アイコンを右クリックして「Preferences」をクリックします。

2016011016.png「General」タブの「Language」欄から「日本語」を選択します。

すると(選択直後)日本語に変わります。

日本語に変更されたら、いろんな設定を自分の好みに変えてみましょう。

» 続きを読む…

TAG :
フリーソフト

水玉の作り方(GIMP)

コメント欄でこのような水玉(シャボン玉風?)の作り方をご質問いただきましたので記事にしておきます。

Photoshop Elementsでの作り方はかなり以前に記事にしておりますが、今回はフリーソフトのGIMPでの作り方です。

先にお断りしておきます……。
GIMPはフリーソフトですが、かなり高機能な画像編集ソフトです。
使いこなせると高機能版フォトショップ(CSやCC)にも匹敵するほどの編集ができると思います。

残念ながら私は普段このソフトを使っておりませんので、使い方を全く把握しておりません。
ですので、ここでの説明もまどろっこしい部分があるかもしれませんが、「参考程度」にしていただけると助かります。


» 続きを読む…

一部だけ動く動画を作る「Cliplets」

おもしろいソフト発見!

うまく使いこなせないんだけど、静止画の一部だけ動かすソフト………
いえ、動画の一部以外を止めてしまって一部だけ動く動画にするソフトです。

↓この動画の真ん中の二人以外は動いておりません。
2014070901.gif

元動画はこちら↓


自分が撮った動画を元に作ってみたので、素材不足(動画をほとんど持っていない)ため、こんな感じのものしか作れませんでしたが、動画をうまく使うと面白いのができそうですよ。

例えば…
ソフトの提供元・Microsoft Researchさんのサイトから拝借してきました。
水だけが動いています。

» 続きを読む…

「Dropbox」にPublicフォルダがない!

以前の「サイズの大きなSWFファイルをブログに貼り付ける方法」で「Dropbox」のPublicフォルダを使う方法を紹介しましたが、「DropboxにPublicフォルダがない」とご指摘を受けました。

調べてみたところ、2012年8月以後新規登録した場合はデフォルトではPublicフォルダが作られないことがわかりました。

でもその場合でもあとでPublicフォルダを作ることができるようですので、その方法を書いておきます。


» 続きを読む…

プロフィール

れん

管理人:れん
写真は下手の横好き。
そのせいか、画像編集ソフトで写真を弄ぶのも大好き♪
思いついたことを気の向くままに書いています。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
お気に入り
リンクしてね♪
トラックバック
記事について
フリーソフト・WEBアプリなどの紹介記事は紹介した時点のものです。
バージョンアップ、その他で使用方法などが変更されている場合があります。
また,紹介時点ではフリーだったものが有料になっているものもあります。
記事には日付が表示されていますのでご確認ください。
あまり古い記事は参考にならない場合も多いと思います……(T_T)
ブログ管理MENU
いらっしゃいませ~
検索フォーム
メールはこちら
こちらのメールフォームもご利用ください。
アイコンをクリックするとメールフォームが開きます。
返信の必要な場合には必ずメールアドレスをご記入下さい。
メールはこちら
月間アクセスの多い記事 
ブログパーツ
月間リンク元ランキング
スポンサードリンク
おすすめ
・楽天市場
・eBOOKOFF
・FUJICOLORプリントおとどけ便
・インターネットで「デジカメプリント」
・ジャパネットたかた
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・OLYMPAS ONLINE SHOP
・Yahoo!ショッピング
・上海問屋


楽天トラベル株式会社

デル株式会社

エプソンダイレクト株式会社

ホームセンターのコメリドットコム

プレミアム バンダイ

太る原因
FLAG COUNTER
Free counters!
このページのトップへ