半日で世界観光 その1

本日午後から大急ぎで世界旅行をして参りました(#^.^#)

まずはフランスの凱旋門。
IMG_9888.jpg  IMG_9597.jpg


凱旋門をくぐると続いて…
IMG_9892.jpg IMG_9877.jpg
写真左が韓国の「トルハルバン」とイースター島のモアイ像が出迎えてくれます(写真右)。

そう…ここは……なんと申しましょうか……。
異国情緒漂う……う~ん…ちょっと違うなぁ…
いろんな国もどきがごった煮状態で陳列されている…というか…
何とも言えず一種異様な雰囲気の漂うミニテーマパーク。

トルハルバンは…見たことないし、よく知らないのでともかく、このモアイ像……ちょっと違和感ありませんか?
だって…「目」が描き加えられてるんですよ!
それに…どうもちょっと大雑把??
パッと見、モアイ像なんだけど、本物と見比べたら全然違う……みたいな…。

ここはそういう石像がたくさんあります。

さぁ、次へ進みますよ。

CIMG1930.jpg CIMG1927.jpg
 左:太陽の門(ボリビア)   右:マチュピチュ(ペルー)
う~ん……マチュピチュは違うだろぉ~~~っっっ!

CIMG1929.jpgで…マチュピチュもどきの前に立っていた像…。
すみません……
ちょっとモザイク入れさせていただきました(。-_-。)ポッ
クリックしていただくと、モザイクなしの画像が出て参ります。

いやぁ~…こんなのにはモザイクなんて入れない方がいいんですよね、ね?


IMG_9881.jpgIMG_9857.jpgIMG_9620.jpg
左:マーメイド像(デンマーク)  中:自由の女神(アメリカ)  右:マーライオン??(ちょっと違うよね?)
自由の女神は青空バックで撮りたかったんです…。
ところが…これを撮ったときは曇り…(T.T)
ならば…!
青空を作っちゃいましょう!
雲を書き込めばちょっとリアルな空に見えるでしょ?

IMG_9607.jpg CIMG1937.jpg
左:北京獅子(中国)  右:小便小僧たち(ベルギー)
これだけ小僧ちゃんたち集まって一斉にポーズとられても……( ̄▽ ̄;)アハハ…
ちなみに水は出ていません…。

IMG_9626.jpg IMG_9843.jpg
兵馬俑(中国)
写真右はここのメイン展示物かも。
中国のものと同じ材料・同じ製法・同じ大きさで作られているそうです。
その規模約1,000体!!
一部破損しているようなところもありますが、それは発掘されたものをそのままを再現しているためです。
お天気が悪く、屋内がとても暗かったので、見づらい画像ですみません…。

CIMG1952.jpg CIMG1960.jpg
ここを過ぎるとすぐに
万里の長城の入り口?が待っています。
その前にはたくさんの兵馬俑がお出迎え。
ちょっとコワイ……。
この門をくぐるとまたまた通路に兵馬俑が…。
たぶんここ、夜通るのは…コワイだろうなぁ…。

ここを上がると、天安門広場へ続きます。

長くなりそうですので、今日はここまで。




関連記事
TAG :
太陽公園

コメントの投稿

す、すごい。

こんなところがあるんですねー。
世界一周なさるって書いてあったので
夫と「淡路のおのころアイランドかなー」って言ってたんですが、
こちらの方が面白そうですねー。(ってか、まだおのころアイランドってあるのかしら)
しかもまだまだ出てくるような勢い。
続き、楽しみにしてますっ♪

ほよよ。。

 おはようございます。
昨日から、いったい何の話かと、過去記事とか、
チェックしたのですが、さっぱり見えず???
これだけ、集めたら、中国のミッキーマウスや、ドラえもん、
への河童ですね。ははは。。。
どれが、ほしいって、うちの庭に、かざりたいもんは、ないです。
お土産は、写真だけで、十分ですから~♪

♪ へぇ~!

こんなテーマパークがあるんですかぁ、姫路ですか?
世界というか中国(アジア)が多いのかな

プフッ!と吹きだしちゃいそうなモザイク入りもあって、楽しそうな所ですね
まだあるのよね(笑)

MAGI様

おのころ愛らんどはミニチュアで「見る」だけですよね。
そのかわり、本物に忠実でしょうけど…。
こちらはちょっと大雑把なんですが、かなりの大きさがあるので、入ったりできます。

まだ工事中でしたのでまだ何か作ってるんでしょうね。

ここへ「わざわざ」来るのはどうかと思いますけど、「ついで」に来るのならいい暇つぶしになるかも♪
何しろ私は3時間いましたから。
人も少ないので写真は取り放題です!

ジニア様

どうもなんのコンセプトも感じられないんですが、このグチャグチャ感…実は私は好きだったりします。
ツッコミどころ満載の石像!
何の脈絡もなく置かれていて思わず「( ̄▽ ̄;)アハハ…」と笑ってしまいそうな、いいかげんな感じ。
近場の人は「お金出して見に行くところじゃない」という声も聞きますが、ネットで見てると「この入園料だと安い!」という声もあるようです。

私も…どれもいらない!
しばらくこの記事続きますが、おつきあいを…。

hirorin様

そうです、これ、姫路市内にあるんです。
できかけの時に勝手に入っていましたが、その後いろんなものが増え、入園料が必要になってからは行ったことがありませんでした。

久しぶりにjかなりの時間歩いたので、夕べは足が重だるくて…。
今日は筋肉痛が出るかな…と思ったけど、だいじょうぶでした\(^O^)/
いやいや…年を取ると日が経ってから出てくる…っていうから、まだ油断禁物か!

まだしばらくここの写真が続きますが、お付き合いお願いいたしますm(__)m

ここ!ここ!

一度行きたいと思ってたところです。
れんさん、詳しいレポートありがとぉ
私も絶対行ってみる!
笑えるけど、これはこれで楽しいような気がするし。


ようちゃんへ

うふふ(#^.^#)
ようちゃん、ここに興味を持たれてたんですね!
人は少ないし、写真撮りやすいですよ~\(^O^)/
まさに穴場!

ここ実家の近所なんです(歩いていける場所)。
来年の春にはお城も完成するみたいです。
コレができるともう少し観光客も増えるのかな??

先日歩いて思ったのですが、桜の木が結構あったので、春の桜の頃に行くと桜を交えての写真も撮れていいかも…と思いました。
私は桜が咲いたらもう一度行ってこようと思っています。
とにかく…管理が行き届いていないので、夏場は草ボーボーになる可能性大です!

**コメントを投稿**

コメントの投稿

Private :

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

れん

管理人:れん
写真は下手の横好き。
そのせいか、画像編集ソフトで写真を弄ぶのも大好き♪
思いついたことを気の向くままに書いています。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
お気に入り
リンクしてね♪
トラックバック
記事について
フリーソフト・WEBアプリなどの紹介記事は紹介した時点のものです。
バージョンアップ、その他で使用方法などが変更されている場合があります。
また,紹介時点ではフリーだったものが有料になっているものもあります。
記事には日付が表示されていますのでご確認ください。
あまり古い記事は参考にならない場合も多いと思います……(T_T)
ブログ管理MENU
いらっしゃいませ~
検索フォーム
メールはこちら
こちらのメールフォームもご利用ください。
アイコンをクリックするとメールフォームが開きます。
返信の必要な場合には必ずメールアドレスをご記入下さい。
メールはこちら
月間アクセスの多い記事 
ブログパーツ
月間リンク元ランキング
スポンサードリンク
おすすめ
・楽天市場
・eBOOKOFF
・FUJICOLORプリントおとどけ便
・インターネットで「デジカメプリント」
・ジャパネットたかた
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・OLYMPAS ONLINE SHOP
・Yahoo!ショッピング
・上海問屋


楽天トラベル株式会社

デル株式会社

エプソンダイレクト株式会社

ホームセンターのコメリドットコム

プレミアム バンダイ

太る原因
FLAG COUNTER
Free counters!
このページのトップへ