2年ぶりに牡蠣を買いに…

我が家は毎年年末から2月ごろにかけて牡蠣を何度か大量買いしていました。
1回に買う量は約15~18kg(一応「15kg」ということで買うんですが、多分それ以上に入っています)。

元々娘がカキフライが大好きで、沢山食べさせてあげたい…と思って買い始めたのですが……
何年か前に風邪を引き体調不良の時にも食べさせてしまったことがあり、吐いてしまったことがあります。
それ以来牡蠣がキライに……。
小さな時にチョコレートを食べて頭が痛くなったことがあって(チョコが原因ではないと思いますが、たまたまチョコを食べた後に頭が痛くなったのでしょう)、以来彼女はチョコレートは嫌いです。
それと同じで、タイミング的に気分が悪くなったときに食べたものが嫌いになるよう………(´・ω・`)

いくら安く買えるからと言っても食べきれない量を買うのもどうかと思うので、去年は牡蠣を買いに行きませんでした。

今年も大量買はしないつもりでいたのですが、お友達から「今年は牡蠣買わないの? 買うんだったら私もほしいんだけど…。」と言われ、またとーさんもご近所さんに1ロット頼まれたので、仕方なく(?)今年は買いに行くことにしました。
(2ロット買って、1ロットの半分を我が家で消化予定のつもりで。)

このときは私は会社の旅行に行っていて不在だったので、とーさんに買いに行ってもらって私は同行しませんでした。

今日は友だちのリピートで頼まれていた牡蠣を買いに2年ぶりに私が牡蠣を買いに行ってきました。

仕事先から行くと家から行くより半分ほどの距離で済むのでお昼休みに出かけました。
今日は工場の仕事が早く終わり、社長たちが11時半頃からお昼ごはんを取ることになったので私もいっしょに11時半から昼食を取り、12時を回った頃には会社を出ることができたので比較的時間の余裕ができました♪

2011012901.jpg
いつも買いに行くのはこの漁港。
漁港に行くまでの海岸沿いに走る国道には2年前にはなかった「道の駅」もできていたりして、牡蠣のこの季節賑わっていました。
帰りに「道の駅」にも寄ってみよう…と思っていたのですが、車がいっぱいで止めにくそうだったのでこちらは断念。

2011012903.jpg
漁港に降りると牡蠣販売所が数軒立ち並んでおり、店の外ではカタコトの日本語で「カキタベテクダサーイ、オイシイデスヨー!」と大きな声が聞こえます。
焼き牡蠣の試食ができます。

ほとんどの人はこれらの販売所目当てで来られているのですが、私が買っているのはこの先の漁師さん個人から。
販売所で売られている牡蠣のようにキレイに洗浄されておらず、中には虫が付いていたり、2個3個くっついているようなものもあります。
でも価格は販売所の4分の1。
我が家はこれで十分です♪

2011012902.jpg
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、かなり大きなりんごの発泡スチロール箱にこれくらい。
今回は自分のところの分は買わなかったので、友達にお駄賃がわりに牡蠣を少しもらいました♪

今日はお手軽に電子レンジでチンするだけの「蒸し牡蠣」をしました。
本当は…カキフライでも……って思っていたのですが、夕方トラブルがありまして……
家へ帰る時間が遅くなってしまったので牡蠣は手抜き。

トラブルというのは……



昨日息子がお友達の家に泊まりに行きました。
そのお友達は車で走ると(下道ばかりで)1時間半くらいかかる場所に住んでいます。
我が家も交通の便で不便なエリアですが、どうもそのお友達のお宅も不便なエリアそう。

神戸で待ち合わせして、神戸で遊んだあとお友達の家に行ったようです。

さて、帰り。
あちらのお母さんに最寄り駅(これが遠そうな気がする…)まで送ってもらい神戸経由で電車で帰ってくる予定でした。

ふと別ルートを思い出し、息子に電話して伝えました。
「中国道のハイウェイバスで帰っておいで。1時間ほどで帰れるから」と。
地図を見るとお友達の家からだと中国道の某インターまでは数キロの様子。
我が家も最寄りの「ハイウェイバス」の停留所までお迎えに行くのも、最寄りのJR駅にお迎えに行くのも時間的に変わりません。
運賃はハイウェイで帰ってくるほうがかなり安いし、時間も(バスに乗っている時間が)1時間弱で済むのでうんと早く帰ってくることができます。

息子に電話を入れたとき、まずバスの発車時間と降りるバス停名、料金を伝えて、そのあと乗車時間や詳細を言うつもりでした。
ところが息子は面倒くさそうに「わかった、わかった!」と言うので最低限の事しか伝えず電話を切りました。
まぁ、バスの発車時間と降りるバス停名がわかればちゃんと帰ってくる…と思いましたので。

「今○○」と、途中報告がメールで入ります。
私の方がバスの到着より遅くなりそうだったのでその旨をメール入れたあたりから返信が途絶えました。

バス停に到着してもまだ息子は中国道からは下りてきていません。
しばらく車で待っていましたがまったく下りてくる気配なし。
時間的にこんなにかかるはずありません。
何度かメール入れても返信なし。
あまりに返事がないので電話をしてみましたが電話に出ません。
バスに乗っているから出られないのかなぁ…と短めで切ったわけですけど……。
ひょっとして乗り過ごしているのでは…と思い「○○の次やで」とメールを送るとしばらくしたら電話がかかってきました。
「もうすぐ××というところ。乗り過ごしたみたい。」と。
聞いたことない地名だったので、どこまで行ってしまったのか……と調べてみると3つ先のバス停でした。

どうやら寝てしまっていたらしく、息子も焦って運転手さんに「△△(降りるバス停)は過ぎてしまいましたか?」と聞いたみたい。
すると運転手さんは親切に、料金は本来降りるはずのバス停までの分で良いと言ってくれ、戻るバス(反対車線のバス)の乗り方も丁寧に教えてくれたようです。

私の方も待っていたバス停でそのまま待っているよりも途中まででも迎えに行ってやる方がよさそうです。
かと言って彼が降りたバス停は一体どこなのか見当もつきません。
降りるはずだったバス停の次はインターではないため、暗くなっていましたのでバス停の場所が私にはわかりそうにありません。
それならその次だとインターなので分かりやすいと思い、息子にはひとつだけバスで戻ってもらうことにしました。

ハイウェイバスなんて使ったことないし(人に使わせたことはあるんだけど…)、バス停の場所なんて気にしたことないので、インターと言ってもバス停の場所がよくわかりません。
人に聞きながら到着すると、ちょうど息子もバスから降りてきたところでした。

結局家に帰ったのは予定より1時間半後…。
これだと神戸経由で電車で帰ってくるのと時間的にはそう大差なかったかも…( *^艸^)

息子も自分が寝てしまっていてこうなったことを反省(?)していたみたい。
車に乗ってきたあとはやけに素直にしおらしく私と会話していました( *^艸^)

それにしても…
初めて乗るバスで寝てしまうなんて……
キモが座っているのか、ただのバカなのか……。

私なら緊張して目的のバス停に着くまで料金表とにらめっこしてます!
きっと息子は……
後者なんでしょうね( *^艸^)


うわ~~
やたらと長文になってしまいました
最後まで目を通してくださってありがとうございますm(__)m


関連記事

コメントの投稿

れんさん こんばんは。

殻付き牡蠣買われたんですね~
わたしは牡蠣ちょっと苦手・・・でも2~3個ならたべれます。

きっと息子さんお友達と遊んで夜寝てなかったのでは・・・
バスの中は暖かく心地よい揺れがあるので

つい睡魔に負けてしまったのでしょうね~

れんさん (*^o^*)オ (*^O^*)ハ (*^。^*)ヨー!!

遅くなりましたが、今年も宜しくお願いします。
新年早々、風邪でダウン。その後、母のインフルエンザの看病・・・
私の定期検診等々・・・気が付けば1月も終わりですね(笑)

「牡蠣」美味しいんですよね・・・美味しんです・・・
でも、私だめです!若き頃、「大当り」三日三晩苦しみました。
それ以来、「牡蠣」は苦手・・・
友人のお店では、美味しい生牡蠣を「カキフライ」にして食べてます。

今年も楽しいブログ、期待しています。

牡蠣

私も 生で食べるのはチョット苦手~( ̄▽ ̄;)
でも、うちのダンナが見たら喜びそうだわ☆
2枚目の写真の建物は ぜ~んぶ牡蠣屋さん?

息子クン、うちの長男と似たタイプかも( ´艸`)ムププ
そのくらい肝が据わってた方がイイですって♪

紅葉様

返信が遅くなりましたm(__)m

紅葉さんは牡蠣、苦手でしたよね~。
でも全くダメ…ってわけではないのですね(^o^)

ここのところ娘が牡蠣が嫌いになってしまって…、カキ料理をするときは娘がバイトで夜ご飯のいらない日になってしまいました( *^艸^)
そうでないと…娘は別のメニューしなくちゃならなくて面倒くさいんですものe-259

息子はきっと楽しくって夜寝てないんでしょうね。
まぁ懲りたようですけど…。
また今週金~日曜日に泊まりで遊びにいくんですってよ?
今度は……寝ないでしょう( *^艸^)
バスに一人で乗ってるとヒマだからついついウトウトしたくなりますよね~。

たか亭様

たか亭さん、いらっしゃいませ~♪

たか亭さんも牡蠣苦手でしたかe-260
牡蠣が当たるとひどいらしいし、一度でも当たっちゃうと苦手になりますよね~(゚д゚)(。_。)(゚д゚)(。_。) ウンウン
我が家は…幸い今のところ「ハズレ(?)」ばかりですので、「当たる」まではまだ好きでいられるようです( *^艸^)

我が家も牡蠣料理で一番人気はカキフライなんですが、さすがに15kgもカキフライばかりするわけにもいかず、なんだかんだと手を変えています。
ただ……私が料理下手のため、ローテーションしてもかなりの頻度で同じものが食卓に並んでおりますが……e-350

たか亭さんのブログで、牡蠣とそれに合うお酒の紹介は……なさそうですね( *^艸^)

こちらこそ、今年も仲良くしてくださいねm(__)m
コメントありがとうございました。

風音様

風音さん、お疲れさまでしたm(__)m
一生懸命頑張ってこられてて、私には真似できないことですので尊敬ですっ!

私も生(酢牡蠣で食べてます)は2個ほどが限度。
でもカキフライはたくさん食べてます♪

2枚目の写真の建物は全部牡蠣メインのお店です。
たぶんここでも市販よりかなり安いと思うんです。
私たちも牡蠣を漁師さんから直接分けていただいたあと、こちらに寄って魚の干したのやら牡蠣以外のものを買うときもあります。

風音さんちの息子君も同じようなタイプ??
ちょっと安心♪
「キモが座ってる」んですよね~!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメ 2011/02/01(Tue) 14:28様

鍵コメさんのところにお邪魔して帰ってきましたら鍵コメさんからコメントが……( *^艸^)
なんだか同じ時間を共有していたみたいで嬉しくなりました♪

今回はご紹介いただきありがとうございましたm(__)m
たまにはこんなので遊ぶのも楽しいでしょう?

また何か探してきて記事にしたいと思っています♪
(何しろ最近ネタ切れですので……e-330
**コメントを投稿**

コメントの投稿

Private :

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

れん

管理人:れん
写真は下手の横好き。
そのせいか、画像編集ソフトで写真を弄ぶのも大好き♪
思いついたことを気の向くままに書いています。
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05 
お気に入り
リンクしてね♪
トラックバック
記事について
フリーソフト・WEBアプリなどの紹介記事は紹介した時点のものです。
バージョンアップ、その他で使用方法などが変更されている場合があります。
また,紹介時点ではフリーだったものが有料になっているものもあります。
記事には日付が表示されていますのでご確認ください。
あまり古い記事は参考にならない場合も多いと思います……(T_T)
ブログ管理MENU
いらっしゃいませ~
検索フォーム
メールはこちら
こちらのメールフォームもご利用ください。
アイコンをクリックするとメールフォームが開きます。
返信の必要な場合には必ずメールアドレスをご記入下さい。
メールはこちら
月間アクセスの多い記事 
ブログパーツ
月間リンク元ランキング
スポンサードリンク
おすすめ
・楽天市場
・eBOOKOFF
・FUJICOLORプリントおとどけ便
・インターネットで「デジカメプリント」
・ジャパネットたかた
・住信SBIネット銀行
・楽天銀行
・OLYMPAS ONLINE SHOP
・Yahoo!ショッピング
・上海問屋


楽天トラベル株式会社

デル株式会社

エプソンダイレクト株式会社

ホームセンターのコメリドットコム

プレミアム バンダイ

太る原因
FLAG COUNTER
Free counters!
このページのトップへ